2018年にDAZNが放送する最初の「UCIワールドツアー」である、「カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2018」が1月28日にライブ配信されます。

この記事では、この「カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2018」のスタートリストなどの情報を紹介したいと思います。

カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2018

まずは、「カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2018」の概要について紹介したいと思います。

この「カデル・ロードレース」は、2011年にツール・ド・フランスを制したオーストラリアの英雄 カデル・エヴァンスを記念して2015年に創設されたました。本人もプロデュースを手がけ、2015年の第1回大会はカデルの引退レースともなりました。

2017年からは「UCIワールドツアー」にもなり、チーム・サンウェブのニキアス・アルントが優勝を果たしました。

▼詳しくはこちらの公式サイトへ
公式サイト

レースの概要

開催日(現地)
開始:2018/1/28(日) 11:10(※1)
終了:2018/1/28(日) 15:15(※2)
※1 日本時間9:10
※2 終了は予想時刻

DAZNでの放送(日本時間)
2018/1/28(日) 11:00(※3)
※DAZNでの放送は11:00前から放送される可能性あり

レース距離
164km

スタート&フィニッシュ
ジーロング・ウォーターフロント

前回優勝者
ニキアス・アルント(チーム・サンウェブ)



スタートリスト

気になるスタートリストは下記の参加チーム紹介ページから、「OFFICIAL START LIST」→「downloaded here」とクリックすると、PDFをダウンロードすることができます。

▼スタートリストはこちらから
2018 MEN’S TEAMS

注目選手

ここでは、独断と偏見で注目の選手を紹介したいと思います。

チーム・サンウェブ

No.1 ニキアス・アルント(GER)

2017年の優勝者であるニキアス・アルントが、No.1を付けて走ります。2年連続の優勝なるか注目です!

ボーラ・ハンスグローエ

No.11 ピーター・ケノー(GBR)

2016年の優勝者、ピーター・ケノーは、チーム・スカイからボーラ・ハンスグローエに移籍しての登場です。

チーム・スカイ

No.21 ジョナサン・ディベン(GBR)

チーム・スカイのエースナンバーを付けて出走するのは、2016年トラック世界選手権のポイントレース覇者、ジョナサン・ディッベンです。

BMCレーシングチーム

No.41 サイモン・ゲランス(AUS)
No.42 リッチー・ポート(AUS)
No.45 ローハン・デニス(AUS)
No.47 マイルス・スコットソン(AUS)

カデル・エヴァンスの古巣でもあるBMCからは、地元での優勝を狙う4人のオージーが出走します。オリカから移籍してきたサイモン・ゲランスがエースナンバーを付け、2016年5位、2017年2位だった雪辱を果たせるか注目です!

トレック・セガフレード

NO.51 別府史之(JPN)

気になる日本人選手ですが、トレック・セガフレードから別府史之選手が登場します。ちなみに、DAZNの解説はお兄さんの別府始さんが務める予定です。

ミッチェルトン・スコット

No.61 ダリル・インピー(RSA)
No.62 エステバン・チャベス(COL)

オーストラリアのチームである、ミッチェルトン・スコットはチームとして注目ですね。2018年の「UCIワールドツアー」初戦であるツアー・ダウンアンダーを制した、ダリル・インピー、2016年のジロ・デ・イタリアで2位に入ったチャベスに注目です。

■関連記事
DAZN|2018年の自転車ロードレース放送予定
DAZNの会員登録方法を紹介